iPadの充電ができなくなる原因について

iPadを使っていて「突然充電がきなくなった」という症状でご相談をいただくことが多々あります。最近ではiPadを仕事で使っている人も増えてきました。そんなiPadが突然充電できなくなった時どうしますか?仕事で使っていた大事なデータや思い出写真など取り出したいと思う方も多いはずです。そういった方のために今回はiPadが充電できなる原因と解決策についてまとめました。

原因①…ホコリが詰まっている

充電器を差して奥まで入らない場合は充電器の差込口にホコリが詰まっている可能性があります。精密機器用の細いピンセットがあればいいのですが、ない場合は爪楊枝などで詰まっているホコリを取り出してみましょう。ただし無理に取り出そうとする差込口が壊れてしまう恐れもあるので注意が必要です。

原因②…充電器がiPad用じゃない

Appleの充電器(USB電源アダプター)にはiPhone用とiPad用の2種類があるのをご存知ですか?iPhone用でも充電はできるのですが、時間が掛かったり充電できないといったこともあります。純正でないiPhone用のUSB電源アダプターを使用していると充電できないことが多々あります。一度純正のUSB電源アダプターで充電してみましょう。

原因③…バッテリーの劣化

iPadのバッテリーが劣化が進むと充電できなくなることがあります。iPadのバッテリー交換はAppleでは対応していません。本体交換のみの対応になるのでデータは消えてしまいます。最近ではネットでiPadのバッテリー(互換品)を購入する事ができますが非常に難しく本体を壊してしまう恐れがあるので相当自信がある方以外は当店へお持ち込み下さい。

原因④…充電口が壊れている

毎日のように充電器を抜いたり差したりしている箇所なので充電口が壊れることは珍しくありません。ただし、こちらもバッテリーと同様でAppleでの修理対応は行っていません。本体交換のみの対応になるのでデータは消えてしまいます。モデルによってはパーツが基盤にハンダ付けされている物もあるので修理はバッテリー交換よりも難しいです。データを残したまま修理を希望する場合は当店へお持ち込み下さい。

修理依頼のご紹介

先日iPad Airの充電ができない症状の修理依頼がありましたのでご紹介します。海外で使用していたら急に充電ができなったそうです。日本に帰ってきてから直ぐに当店へお持ち込みいただきました。壊れたiPad Airと一緒に充電器も持ってきてもらいましたが充電器にはなんの問題もありませんでした。差込口のホコリを取り除いても症状が変わらなかったので修理することに…
まずはバッテリーを交換してみましたが症状は変わらなかったので充電口のパーツを交換する事になりました。
iPad Airは基盤にハンダ付けされているモデルです。

慎重に作業をしないと基盤が壊れてしまうので注意が必要です。
当店はiPadの充電ができなくなった症状の復旧実績が多数あるのでご安心下さい。
復旧後のiPad Airがこちら↓↓↓

充電しているマークがしっかり出ています!0%から23%まで充電したところの写真ですが、その後100%までしっかり充電しました。
作業時間は約3時間です。修理後は充電がしっかりできるか確認し、その他の部分も細かく動作確認を行ってからご返却します。
他店で断られた内容でも当店なら修理できることもあります!
鹿児島でiPad修理をお探しならクイックリペアプラス鹿児島店へお任せ下さい!
>>iPadの修理料金に関してはこちら

店舗情報
天文館電停から徒歩5分/中央公園から徒歩1分
落ち着いた店内でベテラン修理スタッフが親切・丁寧に対応いたします。
お気軽にご相談ください。
>>公式サイトはこちら
店舗名QuickRepair+(クイックリペアプラス)
住所〒892-0842
鹿児島市東千石町5-12 CUBEビル#602
営業時間10:00~19:00
定休日不定休
TEL099-248-9321
E-mailinfo@quickrepair-plus.jp