タッチ病とは?

こんにちは!クイックリペアプラス鹿児島店です♪
皆さんは『タッチ病』って聞いたことありますか?iPhone6/6Plusでよく発生していた症状なのですが、激しい衝撃を与えたり画面が割れている訳ではないのに急にタッチができなくなったり液晶に変な線が出てくる症状です。新しい画面に交換してみても症状は変わらない非常に厄介な症状なんです。

タッチ病の原因は何か…

タッチ病の原因は、簡単に言うと基盤です。ただ何もしていないのに急に基盤が壊れるっておかしいですよね?しかし、それにはiPhone6/6Plusの作りが原因なんです。
AppleはiPhone6がiPhone5sよりも3.3倍本体が曲がりやすい事を認めているんです。iPhone6Plusに関してはい7.2倍も曲がりやすいそうです。
この本体の曲がりこそがタッチ病の原因なんです。本体が曲がるとロジックボードにハンダ付けされているタッチICが浮き上がり、タッチ反応ができなくなってしまいます。
この『タッチ病』の件でAppleは提訴されるほど大きな問題にまでなっています。現在もタッチ病提訴は進行中の様です。

タッチ病はなおせるの?

タッチ病はなおせます!ただし、基盤を直接修理するためリスクもあります。なのでデータが必要ない場合は修理をオススメしていません。あくまでもデータ復旧がメインの修理となとなります。タッチ病の症状は再発する恐れがあります。なので修理後すぐにデータのバックアップを行い、タッチ病の再発に備えましょう。
当店はタッチ病の修理に対応しています。多数復旧の実績もございます。タッチ病でお困りの方は是非クイックリペアプラス鹿児島店へご相談下さい!
>>iPhoneの修理に関してはコチラ

店舗情報
天文館電停から徒歩5分/テンパークから徒歩1分
落ち着いた店内でベテラン修理スタッフが親切・丁寧に対応いたします。
お気軽にご相談ください。
>>公式サイトはこちら
店舗名QuickRepair+(クイックリペアプラス)
住所〒892-0842
鹿児島市東千石町5-12 CUBEビル 602号室
営業時間10:00~19:00
定休日不定休
TEL099-248-9321
E-mailinfo@quickrepair-plus.jp