iPhoneを落としてしまったとき、液晶に“線”が入っている・・・なんてご経験はありませんか?iPhoneは表面のガラスが割れていなくても液晶だけ壊れてしまうことがあります。

そこで今回はiPhoneの液晶に”線”が入ってしまったときの直し方についてご紹介したいと思います。

iPhoneの液晶に“線”が入る理由

iPhoneの液晶に線が入る原因は主に『液晶破損』『基盤破損』の2種類があります。極稀にソフトウェア(iOS)のエラーが原因になることがありますが、基本的には物理的な破損が原因になるケースが多いので、今回は『液晶破損』『基盤破損』の直し方についてお話します。

液晶破損の場合

iPhoneを落としてガラスが割れると同時に液晶まで壊れてしまうことがあります。液晶が壊れると…
・白い線が出る
・虹色の線が出る
・黒くなる
・タッチ操作ができなくなる
など様々な症状が発生します。上記のような症状の場合、修理するのは難しそうに見えますが画面を交換することによって改善されるケースがほとんどです。

基盤破損の場合

iPhoneは精密機械なので落とした衝撃や普通に使っていても稀に突然基盤が壊れてしまうことがあります。基盤が壊れているかどうかの見分けるには実際に分解して確認する必要があります。基盤が壊れていた場合は画面交換では復旧することはできません。基盤を修理する必要があります。どうしてもデータを取り出したいという場合は基盤修理にも対応している街の修理屋へ依頼しましょう。

液晶不良の放置は危険

iPhoneの液晶が壊れると勝手に画面が動く(ゴーストタッチ)症状が発生します。パスコードロックを掛けている場合は勝手に画面が動きパスコードを何度も間違って打ち込まれてしまうんです。iPhoneの画面ロックは11回以上パスコードを間違えると『iPhoneは使えません』という文字が出てセキュリティーロックが掛かってしまいます。そうなると初期化しないといけなくなりデータが全て消えてしまいます。
iPhoneの液晶が壊れてしまったら電源を切るかスリープ状態にして早めに修理しましょう。

iPhoneの液晶修理するならココ!

鹿児島の天文館にあるクイックリペアプラス鹿児島店ならiPhoneの液晶修理が最短15分でできます。修理費も県内最安値なので気軽に修理を依頼する事ができます。また、基盤破損による“タッチ病”の復旧実績もあるので他店で断られた修理も当店へご相談下さい。
今回ご依頼頂いたiPhoneは落とした衝撃でガラス割れと同時に液晶に虹色の線が出てしまい操作も全くできないという症状でした。修理時間は15分・・・
修理後のiPhoneがこちら↓↓↓

こんなにキレイに復旧することができました(^^♪
当店は安さや早さだけでなく、クオリティーにも絶対の自信があります。使用しているパーツは最高品質で修理技術も実績や経験を積んだ熟練の専門スタッフが対応しており、お客様に安心して修理のご依頼を頂ける環境を常に整えています。鹿児島でiPhone修理をお探しならクイックリペアプラス鹿児島店へお任せ下さい!
⇒iPhoneの修理料金に関してはこちら

店舗情報
天文館電停から徒歩5分/中央公園から徒歩1分
落ち着いた店内でベテラン修理スタッフが親切・丁寧に対応いたします。
お気軽にご相談ください。
⇒公式サイトはこちら
店舗名QuickRepair+(クイックリペアプラス)
住所〒892-0842
鹿児島市東千石町5-12 CUBEビル 602号室
営業時間10:00~19:00
定休日不定休
TEL099-248-9321
E-mailinfo@quickrepair-plus.jp