iPhoneに限らず最近のスマホは大画面化が進んで以前よりも画面を割ってしまうリスクが高くなってきました。「フィルムを貼ってしっかり対策しているから大丈夫」と思っていても割れる時は割れてしまいます。実際にiPhoneのガラス割れ修理で当店にご来店頂くお客様は保護フィルムを貼っている方が非常に多いです。

そこで今回はiPhoneのガラス割れ対策で『保護フィルムは意味がないのか』『一番いい対策はなんなのか』についてご紹介していきます。

iPhoneのガラス割れ対策について

iPhoneのガラス割れ対策にはいくつかあります。その中でも皆さんが一番最初に思いつくのが『保護フィルム』だと思います。ここでは保護フィルムが本当にガラス割れ対策に意味があるのか解説していきます。

保護フィルムは意味がないのか

iPhoneの画面割れ対策でよく使われているのが『保護フィルム』ですが、その保護フィルムにはたくさんの種類があります。その中でも耐久性があり保護力が高いとされているのが『強化ガラスフィルム』です。しかし、どんなに強い保護フィルムを貼っていても画面は割れてしまいます。

その理由は…
iPhoneを落として画面が割れる時は画面側からではなく、フレームから落ちてその衝撃で画面が割れてしまうんです。

だからと言って保護フィルムがガラス割れ対策に向いていないという訳ではありません。

例えば…
iPhoneの画面に上から硬い物などを落とした時、保護フィルムを貼っていると表面のガラスを守ってくれることがあります。よく強化ガラスフィルムの宣伝で「ハンマーで叩いても画面は割れていません」みたいな動画がありますが、それは上からの衝撃ならかなりの保護力があるということなんです。

液晶保護フィルムは「側面からの衝撃は守ってくれないが、正面からの衝撃は守ってくれるので貼っていて意味がある」ということが分かりましたね。

一番いい対策はなんなのか

保護フィルムは側面からの衝撃は守ってくれず正面からの衝撃を守る事が分かりました。では保護フィルムの弱点である側面はどうやって守ればいいのか…それが『ケース』です。iPhoneのデザインが好きでケースには入れたくないという人も多いですが、しっかりガラス割れの対策をするならケースに入れて使用するようにしましょう。
特にフレームの角から落下して画面を割ってしまったという方が非常に多いので、角を保護してくれるケースがオススメです。

↑↑↑こんな感じの↑↑↑

iPhoneのガラス割れ対策をするなら『保護フィルム + 角を守ってくれるケース』が一番いい対策です。

iPhoneの画面を割ってしまったら

どんなに対策していても割れてしまうことがあります。iPhoneのガラス割れを放置すると症状が悪化して最悪の場合起動しなくなってしまう…なんて事があります。早めに修理しましょう!
iPhoneの画面が割れた時は鹿児島の天文館にあるクイックリペアプラス鹿児島店にお任せ下さい!クイックリペアプラス鹿児島なら県内最安値と最短修理が特徴です。分からないことがあっても専門のスタッフが分かりやすく丁寧にご説明いたしますので、お気軽にご来店下さい。
修理後のiPhoneは新品みたいです↓↓↓

鹿児島でiPhone修理をお探しならクイックリペアプラス鹿児島店へお任せ下さい!
⇒iPhoneの修理料金に関してはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?以上がiPhoneのガラス割れ対策についてでした。液晶保護フィルムは側面からの衝撃に弱く、側面の衝撃も対策するならケースが必須!という事が分かって頂けたと思います。
また、もしiPhoneの画面を割ってしまった時は放置せず早めに当店へご相談下さい。県内最安値・最短修理で対応いたします!

店舗情報
天文館電停から徒歩5分/中央公園から徒歩1分
落ち着いた店内でベテラン修理スタッフが親切・丁寧に対応いたします。
お気軽にご相談ください。
⇒公式サイトはこちら
店舗名QuickRepair+(クイックリペアプラス)
住所〒892-0842
鹿児島市東千石町5-12 CUBEビル 602号室
営業時間10:00~19:00
定休日不定休
TEL099-248-9321
E-mailinfo@quickrepair-plus.jp