iPhoneを使っていて突然シャットダウンした経験はありませんか?iPhoneはバッテリーが劣化すると急に電源が切れるという症状が発生することがあります。iPhoneが強制的にシャットダウンした場合、設定アプリからバッテリーの状態を確認すると「このiPhoneで、必要なピーク電力をバッテリーが供給できなくなったため…」という文字が出てきます。これは壊れている訳ではないのですが、バッテリーの劣化を表しているので早めに対処する必要があります。

そこで今回はiPhoneのバッテリー交換について解説していこうと思います。

バッテリーの交換時期

iPhoneのバッテリーは1年半~2年で劣化すると言われています。iOS11.3以降であればバッテリーの状態を確認することができるので、その数値でバッテリー交換時期を判断することも可能です。目安としては最大容量80%前後がバッテリーの交換時期となります。

バッテリー交換できる場所

iPhoneのバッテリー交換はアップルストアや正規サービスプロバイダの他にも民間の修理業者で行うことが出来ます。アップルストアや正規サービスプロバイダだとバッテリーの状態が最大容量80%以下じゃないと交換してくれなかったり、フレームに歪みや傷があると本体交換になることがあります。本体交換だと料金も高くなるので注意が必要です。
民間の修理業者の場合、本体交換は行っていない代わりにお客様の希望する修理ができます。ただしお店によって値段が違ってくるのでできるだけ安く修理したい場合は数店舗に問い合わせてみるのがいいでしょう。

県内最安値でバッテリー交換

鹿児島の天文館にあるクイックリペアプラス鹿児島店県内最安値でiPhoneのバッテリー交換ができるお店です。最近は発売して2年以上経過しているiPhone6sとiPhone7のバッテリー交換の依頼が特に多いです。

修理の実例


今回はiPhone6sのガラス割れ修理と同時にバッテリー交換の依頼がありましたのでご紹介します。電池の減りが早いと感じていても中々バッテリー交換するタイミングがく、今回iPhoneを落としてガラスが割れてしまったので一緒に修理しようと思ったみたいです。バッテリーの状態を確認したら最大容量が79%でした。最大容量80%以下だとかなり劣化が進んでおり、実際に強制シャットダウンを繰り返していたそうです。iPhoneのガラス割れとバッテリー交換の同時修理でも早ければ15分ほどで終わる作業です。
修理後のiPhone6sがこちら↓↓↓

新品みたいにキレイになってバッテリーの最大容量も100%まで復旧しています。また「このiPhoneで、必要なピーク電力をバッテリーが供給できなくなったため…」という表示はなくなり「標準のピークパフォーマンスに対応しています。」という表示に変わりました。これで強制シャットダウンの症状も改善されるはずです(^^♪
鹿児島でiPhoneのバッテリー交換をするならクイックリペアプラス鹿児島店へお任せ下さい!
⇒iPhoneの修理料金に関してはコチラ

店舗情報
天文館電停から徒歩5分/中央公園から徒歩1分
落ち着いた店内でベテラン修理スタッフが親切・丁寧に対応いたします。
お気軽にご相談ください。
⇒公式サイトはこちら
店舗名QuickRepair+(クイックリペアプラス)
住所〒892-0842
鹿児島市東千石町5-12 CUBEビル 602号室
営業時間10:00~19:00
定休日不定休
TEL099-248-9321
E-mailinfo@quickrepair-plus.jp