iPhoneを使っていて一番困るのが『水没』です。

iPhoneを使っているとトイレに落としてしまったり、誤って浴槽に落としてしまったり、洗濯機に入れてしまったりと、水没のリスクはたくさんあります。

iPhone7以降のモデルから防水機能が備わっていますが、その機能を信用しきってしまうと水没で壊れてしまうこともあります。

しかし、水没してしまっても正しい方法で処置を行えば、被害を最小限に抑えることも可能です。

そこで、今回はiPhoneが水没してしまった時の応急処置とやってはダメなことについてご紹介します。

水没した時の応急処置

iPhoneが水没してしまった時でも誰でも簡単にできる応急処置があります。

ここでは、iPhoneが水没してしまった時の応急処置についていくつかご紹介します。

今回ご紹介する応急処置をしたかしないかで復旧率が大幅に変わってきますので、ぜひ参考にして下さい。

1.iPhoneの電源をオフにする

iPhoneが水没してしまった時は、まず最初にiPhoneの電源をオフにして下さい。電源を入れたままにしていると、水分に含まれる不純物が原因でショートを起こしてしまいます。

iPhoneが水没してもしばらく使えることがあります。しかし、「使えるなら大丈夫だろう」は絶対にダメです!iPhoneが水没したら絶対に電源を入れないということを徹底しましょう!

タッチ操作ができないなどで電源がオフにできない場合は、機種別にある強制シャットダウンで電源をオフにして下さい。水没してからどれだけ早く電源をオフにしたかで復旧率は大幅に変わってきます。

2.アクセサリー類は全て取り外す

iPhoneに装着しているカバーやアクセサリー類は、材質や形によっては水分を含みやすい物があります。

水分を拭き取る時にも邪魔になってしまうので、一旦全て取り外しておきましょう。

3.丁寧に水分を拭き取る

iPhoneの表面だけでなく、充電口やイヤホンジャックなどは水分が残りやすいので、綿棒やティッシュを細くして丁寧に拭き取りましょう。

充電口に水分が残っている状態で充電器に繋いでしまうと確実にショートしてしまいます。

4.SIMカードを取り出す

SIMカードの挿入口も水分が入りやすい箇所なので、可能であればSIMカードは取り出しておきましょう。

SIMカードを取り出した場合は、データ通信や電話をするために重要なカードなので傷を付けないように丁寧に水分を拭き取り、安全なところで保管しておきましょう。

5.乾燥材などで乾かす

iPhoneの表面を拭き取ってもiPhoneの内部に水分が残っていることがあるので、しっかり乾燥させる必要があります。

iPhoneの内部に水分が残ったまま電源を入れてしまうと最初に説明したようにショートの原因になります。iPhoneの内部まで乾かすには、ジップロックなどの密閉できる袋や容器にiPohneと乾燥剤を一緒に入れておいてください。

乾燥剤が無いという方は、お米でも大丈夫です。実際にお米の中にiPhoneを入れて持ち込まれるお客様もたくさんいます。

 

以上が、iPhoneが水没してしまった時に誰にでも簡単にできる応急処置です。

ただし、以上のことを全て行ったからと言って安心はできません。水分は取り除けても水分に含まれる不純物は分解して洗浄しなければ取り除くことはできません。

上記の応急処置を行い、なるべく早めにお近くの修理屋さんへ行きましょう。鹿児島でしたら是非クイックリペアプラス鹿児島店へご相談ください!

絶対にやったらダメなこと

iPhoneが水没してしまった時の応急処置で「乾燥させる」ということをお伝えしましたが、間違った方法もあります。中には状態を悪化してしまう行為もあるのでご紹介します。

iPhoneを激しく振る

iPhoneを激しく振ることで中の水が出ていきそうですが絶対にやらないで下さい。iPhoneの内部で水分が広がり、本来なら濡れずに済んだ箇所まで水分が及ぶ可能性があります。

iPhoneを傾けたり振ったりせずに平らな所で乾燥剤などと一緒にiPhoneを保管してください。

ドライヤーで乾かす

乾かすと言ったらドライヤーを思い浮かべる方も多いと思いますが、熱によってiPhoneの基盤を痛めてしまう可能性があります。

特に海水やジュースなどでの水没の場合、不純物が多くドライヤーの熱によって基盤が焦げてしまう恐れもあるので絶対にやめましょう!

充電器に繋ぐ

iPhoneが水没してしまった時に一番やってはいけないのが『充電器に繋ぐ』ことです。

iPohne内部に水分や不純物が残った状態で充電器に繋ぐと、基盤などがショートしてしまいiPhoneの電源が入らなくなってしまう原因にもなります。

最後に

いかがでしたか?以上がiPhoneが水没してしまった時の応急処置とやってはダメなことについてでした。

iPhoneは水没しても普通に使えたり、乾燥させてから一日経つと電源が入ることもありますが、その後急に電源が入らなくなって完全に壊れてしまうケースが多いです。

そのためiPhoneが水没してしまった時には、一度近くの修理屋さんで水没修理をしてもらうことをお勧めします。水没修理で一番大事なのは『時間』です。

水没してから修理までの時間が早ければ早いほど復旧率は上がります。

iPhoneが水没してしまった時にはお早めにクイックリペアプラス鹿児島店までお持ちください!

店舗情報

店舗名QuickRepair+(クイックリペアプラス)
住所〒892-0842
鹿児島市東千石町5-12 CUBEビル 602号室
営業時間10:00~19:00
定休日不定休
TEL099-248-9321
E-mailinfo@quickrepair-plus.jp